普段使いのバッグ

日常の備え

常に持ち歩くとよい防災グッズ一覧とその活用例

災害はいつ、どこで襲ってくるかわかりません。

だからこそ、日々の暮らしのなかでも常に備えておくことが大切です。

そこで、今回は常に持ち歩くとよい防災グッズと、それらの活用例をご紹介します。

常備する防災グッズを選ぶポイント

持ち歩くのが苦にならないものを選ぶ

「防災グッズ」と聞くと見た目がゴツかったり、いかにも防災用な見た目のものだったり、とあまり持ち歩きに向いていない、できれば持ち歩きたくない印象を受けるかもしれません。

でも、実は最近の防災グッズのなかには、おしゃれなデザインのものであったり、コンパクトな設計であったり、と女性や子どもでも持ち歩きやすいものも出てきているのです。

また、アウトドアグッズにも、防災グッズの代わりになるものも多くあります。

まずは、そうした「持ち歩くのが苦にならない」防災グッズを探してみるといいでしょう。

普段使いのポーチに入れておけば、カバンを変えても忘れません!

多用な用途で使えるものを選ぶ

防災が大切なこととはいえ、あれも、これもと防災グッズを持ち歩くのは大変です。

常備する防災グッズはひとつの用途にしか使えないものよりも、口腔ケアウェットシート(アルコールなし)や大判ハンカチなど多用な用途で使えるものを選ぶのがいいでしょう。

常に持ち歩きたい防災グッズ一覧

  • ヘッドライト:シンプル&コンパクトなものがいい
  • 自立式携帯トイレ:出先でトイレが使えないときのために
  • 携帯ラジオ:持ち運びしやすいコンパクトタイプがいい
  • モバイルバッテリー:スマホを3回は充電できるものがいい
  • ポリ袋:輪ゴムで縛っておくとコンパクトで使いやすい
  • 口腔ケア用ウェットシート:枚数は少なめのものでいい
  • エマージェンシーシート:避難所では静音タイプがいい
  • シリアルバー:食べ慣れた味のものを数種類探しておく
  • 飲料水:無理なく持ち運べる重さで(500mlを1本程度)
  • メモ帳・ペン:ペンは油性で、少し太めのものがいい
  • 乾電池:携帯ラジオの電池の交換用として
  • ホイッスル:閉じ込められたときに大きな音を出せる
  • マスク:3〜4枚を清潔な袋に入れておく
  • 大判ハンカチ:手拭き用と、別にもう1枚あると用途が広がる
  • コンタクトレンズの予備:コンタクトを使用している方向け
  • 身分証明書:免許証やマイナンバーカードなどをひとまとめに
  • 予備の現金:帰宅困難時のホテル代、移動費などのために

常備用の防災グッズの活用例

ヘッドライト:災害時に両手が空くのは大事

災害時は瓦礫が散乱していたり、足元が悪くなったりして危険です。また、倒れたものをどけたり、ほかの物資を持ち運んだり、と両手を使うことも多くなります。

片手が塞がってしまう懐中電灯よりも、ヘッドライトがおすすめです。

携帯ラジオ:正確な情報をすぐに入手できる

被災直後はラジオが正確で、迅速な情報源になります。最近ではスマホでもラジオは聴けますが、充電が問題なので、できればコンパクトな携帯用ラジオを1台持っておきましょう。

普段から聴いてみる習慣があると、被災時に慌てることなく情報収集できます。

東芝 ワイドFM/AMポケットラジオTOSHIBA TY-SPR4-W

東芝 ワイドFM/AMポケットラジオTOSHIBA TY-SPR4-W

3,740円(06/27 00:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

大判ハンカチ:マスクの代わりや止血帯にも

大判ハンカチは鼻・口を覆えばマスクの代わりになりますし、怪我をしたときに患部をしっかりと縛れば止血帯にも、断水時にはバケツにかぶせれば水の浄水にも使えます。

いろいろな用途に大活躍なので、普段から1枚多めに持ち運びたいものです。

エマージェンシーシート:防寒や目隠しにも

エマージェンシーシートはそのまま身体に巻けば防寒具になります。また、柱に結びつけて、衝立のようにすれば風よけにも、周りからの目隠しにもなる便利グッズです。

ただ、カサカサ音が鳴るものが多いので、できれば静音タイプを選びましょう。

自立式携帯トイレ:トイレが使えなくなることも

災害時は下水道や配管が破損して、トイレが使えなくなることが珍しくありません。また、仮に使えたとしても、公共トイレは長蛇の列ができたり、劣悪な環境だったりします。

いつでも安心してトイレできるよう、自立式携帯トイレを1つは常備したいものです。

凝固&消臭がしっかりできるタイプを選ぼう!

コクヨ 防災 袋式トイレ 自立タイプ DRK-NT3

コクヨ 防災 袋式トイレ 自立タイプ DRK-NT3

550円(06/27 00:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

口腔ケア用ウェットシート:災害時だからこそ口腔ケアが大事

災害時は水が簡単に使えない状況になることがあります。だからと、口腔衛生(歯磨き)を怠れば、免疫力の弱い子どもや、高齢者は感染症にかかるリスクが高まるので危険です。

ノンアルコールタイプのウェットシートなら、口腔内を拭いて衛生を保つことができます。

常備用の防災グッズは、あくまで日常生活に支障をきたさない程度で選びましょう。そして、いざというときに慌てないよう、普段から使い方を練習しておくことをおすすめします。

ピックアップ記事

  1. まずはこれを確認!連絡・避難先リスト作りのコツ
  2. これだけ必要!備蓄品・持ち出し品チェックリスト

関連記事

  1. SNSで情報収集

    日常の備え

    被災時の情報収集にはTwitter!フォローしたい公式アカウント5選

    被災時、電話回線はすぐにパンクして繋がらなくなります。だから…

  2. ローリングストックの水

    日常の備え

    水道の復旧には時間がかかる?飲料水は1週間分用意すべし

    人は「水」がないと生きていけません。だからこそ、水の備えはとても大切…

  3. ローリングストックの日用品

    日常の備え

    日用品もローリングストック!防災グッズに活用するアイデア

    食品や飲料水だけでなく、防災のためには日用品のローリングストックも大…

  4. 電話

    日常の備え

    まずはこれを確認!連絡・避難先リスト作りのコツ

    いざというとき自分や、家族が避難する場所や、待ち合わせ場所、連絡手段…

  5. 非常用トイレ

    日常の備え

    非常用トイレを備えるべき理由!選ぶポイントや必要な備蓄枚数

    大規模な災害では排水管、下水道が破損することが珍しくありません。…

  6. 大災害

    日常の備え

    災害時は何もできないのもの?被災後の流れを把握しておこう!

    いざ大規模な地震に、津波に襲われたら頭の中は真っ白になり、足は動かな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ

  1. 災害時の連絡手段
  2. 電話
  3. 災害備蓄・持ち出し品

最近の記事

  1. 避難=避難所ではない!被災時の避難方法と特徴
  2. 被災時に備えて家族との連絡方法を確認しよう!
  3. シミュレーションが大切!身のまわりの災害リスクを考えよう
  4. 被災時の情報収集にはTwitter!フォローしたい公式アカウ…
  5. 常に持ち歩くとよい防災グッズ一覧とその活用例
  1. 非常用トイレ

    日常の備え

    非常用トイレを備えるべき理由!選ぶポイントや必要な備蓄枚数
  2. 電話

    日常の備え

    まずはこれを確認!連絡・避難先リスト作りのコツ
  3. 災害備蓄・持ち出し品

    日常の備え

    これだけ必要!備蓄品・持ち出し品チェックリスト
  4. ローリングストックの食品

    日常の備え

    賢く備蓄!ローリングストックにおすすめな食品一覧
  5. 非常用トイレ

    日常の備え

    非常用トイレの使い方や注意点!一緒に備蓄したいグッズもご紹介
PAGE TOP